よろぐ

ブロゴスフィア!ブロゴスフィア!

エリック・サティ「ヴェクサシオン」完全版と新井満「ヴェクサシオン」とAxCx

NAXOS MUSIC LIBRARYで見つけたエリック・サティヴェクサシオン」の完全版について、関連して思いついたことと共にダラダラ書きます。

 

ヴェクサシオン」完全版

ヴェクサシオン」は、「ジムノペディ」「グノシエンヌ」「ジュ・トゥ・ヴ」などで知られる─その洒脱にして奇矯な佇まいからサブカル方面での人気も高い─フランスの作曲家:Erik Satie(1866 - 1925)の手になるピアノ曲で、短く小節感が希薄な不穏なフレーズを840回!繰り返すよう指示されていることが特徴です。

  

完全版は指示通り840回繰り返して演奏されており、

  • 1トラックあたり40数回分入っていておよそ80min
  • それが18トラックで合計約1440min、ちょうど24時間ぐらい

です。

ml.naxos.jp

iTunesでも買えます。

Satie: Complete Vexations 1-840

Satie: Complete Vexations 1-840

  • Jeroen van Veen
  • クラシック
  • ¥2700

 NAXOS MUSIC LIBRARYでは解説ブックレットを入手することができ、演奏者のイェルーン・ファン・フェーン (Jeroen van Veen)自身による「A note from the Artist」に、色々と興味深い事柄が書かれています。 

  • 最初にこの曲を知った時はジョークだと思い、840回も繰り返すなんて想像できなかったが、20年以上かけてミニマリズムに習熟することで、完全版の録音に挑む準備が整った。
  • バナナ、ナッツその他によるスペシャル・ダイエットのおかげで24時間起きていられた。
  • iPadで840回分のコピーした譜面を用意したので演奏時に回数を気にせずに済んだ。
  • 延々繰り返すことでトランス状態に入るかと思っていたがそんなことはなく、代わりに巨大な沈黙─ジョン・ケージ「4'33」の拡大版のような─を感じた。 
  • ヴェクサシオンという作品は、前後に長大な沈黙を配した、3つのムーヴメントからなる曲だと考えるべき: 4’33” – Vexations – 4’33のような。
  • 実際リリース版の音源は演奏前後の沈黙をカットしてある。

パブリックドメインの楽譜もダウンロードできますので挑戦されたい方は是非。

Vexations (Satie, Erik) - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

 

 新井満ヴェクサシオン

サティの「ヴェクサシオン」を題材にとった作品に、新井満の同名の小説があります。何年か前にバズった曲「千の風になって」の日本語詞訳者・作曲者として知られていますが、れっきとした芥川賞作家でもあります。

ヴェクサシオン」は、テレビCFを手掛ける広告屋の男と耳の聞こえないライターの女性とのラブストーリーで、率直に言ってかなりベタかつトレンディでイケ好かない感じのお話しなのですが、「静寂の中から聞こえてくる音楽」みたいなものを描こうとしている点においては、上に挙げた演奏者の感想に通ずるものがあるのかもしれないなぁ、と思いました。

ヴェクサシオン (文春文庫)

ヴェクサシオン (文春文庫)

 

 

ヴェクサシオン」完全版とAxCx

ヴェクサシオン」完全版は、iTunesだと24時間分のアルバムが2700円で売られており、1分あたりおよそ1.9円と、時間単位の価格でみると圧倒的なコスパの良さを誇っています。

反対にコスパの悪い音源を考えたときにまず思い浮かんだのが、みんな大好きアナル・カント。ノイズ・グラインド/グラインド・コアと呼ばれる、要するに異常にうるさくて速くて短い曲を奏するバンドです。

ちなみに、”AxCx”と伏字で記すのが紳士の嗜みだと長年思っていたのですが、iTunesでは”Anal Cunt”と直球で表記されており、聖ジョブスの自由なマインドを感じることができました。

ジャケがイケてるのでセレクトしたこのアルバム(※)だと、42曲入り30分で1500円、1分あたりおよそ50円と、ヴェクサシオンの20倍以上!になっています

(さらに言えば、トラック単位でバラ売りもされており、9秒の曲が200円で買えますが、さすがにこれは意味が分からないです)。

 

まとめ

アルバム1分あたり単価(円)
ヴェクサシオン完全版 1.9
AxCx / 40 More Reasons to Hate Us 50

 

ことほど左様に音楽とは多様なものであり、単価など計ってみたところでその価値はおいそれとは計り知れないものなのであります。

rock 'n' roll!

 

※もっと初期の混沌としていた頃の方がいい、など、各自ご意見はあろうかと思いますが、PANTERAのフィル・アンセルモがゲスト参加しているという聴きどころもあり、私的には好きなアルバムです。

Firefoxのバージョンを49.0.1にアップデートしたらvimperatorのcompletions(入力補完)が効かなくなるのを直す方法

#すぐに修正版が出そうなのでテンポラリな記事になると思います。

 

vim派かつマウス嫌いなもので、Firefoxvim風のキーバインドで操作できるアドオン:vimperatorを溺愛しています。

ページを開く際に入力補完機能があり、入力した文字列に応じてURLやページタイトルを引っ掛けてサジェストしてくれるため、私の場合はこれに頼ってブックマークを使わなくなりました。

ところが、今日、Firefoxのアップデートをしたところ、この機能が突然動かなくなってしまい、いつも開いているページが開けなくなってしまってさぁ大変。

調べてみたところバグがヒットしました。

 

Smart Completions not work on Fx49 · Issue #590 · vimperator/vimperator-labs · GitHub

パッチも出てるいるようですが、未検証のアドオンをインストールするのはめんどうなので、もう一つのWorkaroundとして記載されている、vimperatorの設定ファイル:vimperatorrcに設定を追記する方法を採りました。

 

js services.services.autoCompleteSearch.class_="@mozilla.org/autocomplete/search;1?name=unifiedcomplete"

 この一行を追記すると元通りCompletionsが機能するようになります。

 

vimperatorrc は以下の場所にあります。

 

Windows: C:\Users\<ユーザ名>\_vimperatorrc

Mac/Linux: ~/.vimperatorrc

 

なければテキストファイルを自前で作るか、vimperatorからも下記のコマンドでファイルを生成することができます。

 

mkv

 

Fx47ではvimperator自体が動かなくなってしまったこともあり、アドオンに依存する限りこういうリスクとは付き合っていかないといけないですね。

コンピュータ―写真で見る歴史 (お題「プレゼントしたい本」)

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

プレゼントしたこともされたこともあまりないのですが(猫背直す本とか字がきれいに書ける本とかもらったなそういえば)、自分が人にあげるとすれば

  • 絵や写真が豊富
  • 多少押しつけがましくても何より私が見て楽しいのでみんなに見てもらいたい

という感じかなと思いました。

今どれか一冊と言われたらこれです。

コンピュータ―写真で見る歴史

コンピュータ―写真で見る歴史

 

 リーズナブルな美術書で有名な出版社、タッシェンから出ている、コンピュータの写真集です。

 目次だけ抜き書きします。雑なコメントは私が書きました。

  • 0.0 MAN / MACHINE / INTERFACE
     コンピュータ前史。バベッジの階差機関など。
  • 1.0 THE SCIENTIFIC AND MILITARY COMPUTERS
     科学・軍事のための最初期のコンピュータ。ENIACなど。
  • 2.0 THE MAINFRAME COMPUTER
     メインフレーム。UNIVACなど。映画「惑星ソラリス」や「2001年宇宙の旅」におけるコンピュータ。
  • 3.0 THE MINICOMPUTER
     小型化されたコンピュータ。DEC-PDPシリーズ。
  • 4.0 THE MICROCOMPUTER
     マイクロプロセッサの誕生。ATARI社、COMMODORE PET2001、AppleII、映画「TRON」「ウォー・ゲーム」…。
  • 5.0 THE DESKTOP COMPUTER
     マウスの発明。CG、GUIの登場、そしてWWWへ…。NEXT CUBE、POWERMACなど。
  • 6.0 CONVERGENCE AND VOLATILISATION
     携帯、ウェアラブルユビキタス的な(2000年ごろまでの)。Newton、Zaurus、日本のケータイ、NOKIA端末、AIBO…。

ウンチクテキストも書かれてありますが、豊富な写真を眺めるだけで超楽しいです。

特に2.0 THE MAINFRAME COMPUTER~4.0 THE MICROCOMPUTERあたりが、フューチャリスティックで最高。当時最先端のハイテクの結晶、夢の箱、という感じがビンビン伝わってきます。

あとは、オペレータやキャンペーンガール的な感じで、女性が一緒に写っている写真も多く、SYSTEM/360を背景にモデルを配したファッション写真みたいなものも掲載されており、「美女とコンピュータ」みたいな下世話な視点でも楽しめます。

 

サンプルとしてページ画像が掲載されており、雰囲気が多少掴めるかと。

COMPUTER コンピュータ: 写真で見る歴史/クリスチャン・ワースター | ON THE BOOKS

 

【来なかった未来】FUTURO~夢のUFO住宅

 誰しも、辛いときや心が折れたときに見るDVDを持っているものだと思いますが、私にとってのそれを紹介致します。

FUTURO ?北欧・謎のUFO住宅を追え? [DVD]

FUTURO ?北欧・謎のUFO住宅を追え? [DVD]

 

FUTURO(フトゥロ)とは、フィンランドの建築家、マッティ・スーロネンにより1968年に設計された、プラスティック製のUFO型レジャーハウスです。

スペースエイジのマストアイテムとして期待されましたが、ヴェトナム戦争オイルショックの影響で、数十軒生産されたのみで立ち消えになってしまいました。

DVDは、このFUTUROの謎を追いかけたドキュメンタリで、30分弱の短いものですが、十二分に濃密な時間─失われたスペースエイジの夢─を味わうことができます。

 

DVDの見どころ

FUTUROのルックス、内装

  当然これが見どころでして、UFOの前面が開いて階段が引き出せるところとか、スペースシップ的な折り畳みベッドとか、とにかくスペイシーであまりにも最高です。

  とあるオーナーのインタビューに曰く「子宮の中にいるような夢見ごこち」とのこと。

百貨店の宣伝

  販促ミスったという話があり、百貨店に展示したはいいけどこんな特殊な住宅を百貨店で買う人いるはずなかったよねと、当時の営業担当者が語っています。

  フィンランドでは有名な百貨店STOCKMANNの、おそらくCFが収録されていて、FUTUROからモデルが駆け出してくるナイスな演出のものです。

  

軽井沢で神主が地鎮祭?的なことをやっている場面

  日本にも上陸。台風と地震に耐えられるかを、横浜大学に依頼して調査してもらい、OKだったそうです。

デュッセルドルフFUTUROアンディ・ウォーホル

   アートディレクター、チャールズ・ウィルプが所有していたFUTUROアンディ・ウォーホルが訪れた際の写真が紹介されています。ウォーホルは気に入ったのでしょうか。

サントラが素敵

  未来的に不穏なシンセ音楽が最高です。

  フィンランドのエクスぺリメンタルロックバンド、Circleのサブプロジェクト、エクトロヴェルドが手掛けているもので、サントラ盤も出ています。

www.discogs.com

在アジアのFUTURO

実物を見たいと思いながら果たせずにいます。

 

群馬の専門学校に一機が現存するようでして、学校を見学すれば見られるようです。

www.felica.ac.jp

 

 台湾の翡翠湾に幾つもあるようです。丸いのがすべてFUTUROのようで、現地で見るとかなり壮観のなのではと想像。

 

Google マップ

f:id:y055ie:20160917210629j:plain

 

関連書籍

古書価で凄い値段がついていますがこの本も持っています。

写真豊富でおススメです

(フィンランドで買ったやつなのでこのリンク先の英語版とはまた違う版かもしれません)。

Futuro: Tomorrow's House from Yesterday

Futuro: Tomorrow's House from Yesterday

 

 

日本だと中銀カプセルタワーがありますね。

スペースエイジ系だとVerner PANTONのPhantasy Landscapeなんかも好きなのでそのうち紹介したいです。

【京成線古本ツアー】京成中山~押上の間にある古書店まとめ

数年前から葛飾は柴又に住んでいます。

これまで伺った京成沿線の古本屋を、千葉方面から押上まで、順番に紹介してみたいと思います。

ヒキのためにツアーと銘打っていますが、一日で全部回れるかは知りません。

それぞれのお店の雰囲気を掴んでもらうため、というより主に自己顕示欲を満たすために、私がそのお店で過去に買ったことのある本も挙げてみました。

尚、私は古書マニアなどといったものではなく、殆ど安い本しか買わない、極めてヌルい古本好きですので、お店についても特にこれと言ったPOVを持っておりません。あしからず。

 

京成中山smokebooks

スタートは京成中山です。千葉駅に稲尾書房というベリィナイスな古書店があったのですが、昨年閉店してしまいました。船橋あたりは探索が足りていないのかあまりお店を知りません。

京成中山の駅は、改札を出るとすぐ中山法華経寺の参道になっており、地味に風情があります。東山魁夷記念館も近くにあったりします。

smokebooks は、参道を横切り風情のない大通りを暫く歩いた道沿いにある、こじんまりと小洒落たお店。カフェの街として話題沸騰中の清澄白河にも店舗があります。絵本やロハス的な本が充実しているイメージです。

 

<買った本>

パトリック・モディアノ「廃墟に咲く花」

フィルポッツ「闇からの声」

 

京成八幡山本書店

JR、都営新宿線本八幡と乗換え可能な交通の要所です。

山本書店は、駅前すぐの好立地にあって、風景にしっかり溶け込んだ、これぞ古本屋な一軒。路面の棚だけでもかなりの充実度です。

 

<買った本>

A.P.ド.マンディアルグ「オートバイ

J.D.カー「曲つた蝶番」

 

市川真間:

市川、市川大野、市川塩浜、市川真間、とある、所謂市川四天王の一つ。

実は古本屋充実地帯です。

智新堂書店

線路沿い、駅からすぐ。永井荷風著『断腸亭日乗』に掲載だそうで、質実剛健な由緒ある古本屋です。

 

<買った本>

三島由紀夫「女神」

ネルヴァル「火の娘」

春花堂

駅からすぐの雑居ビルの一階にある、フリースペースも併設のお店。

戦前、戦後の日本文学が充実している印象で、丹羽文雄など多数ありました。

大体の本に手書きの帯が巻かれてあり、独特のフォントが魅力的です。

 

<買った本>

ブレイク抒情詩抄

三浦哲郎「わくらば」

 

同地には他にも「即興堂」、「アトリエ*ローゼンホルツ」というお店もあるようでして、そのうち訪れねばと思っております。

 

京成小岩:BOOKばざーる小岩店

JR小岩とは1kmほど離れており乗換えには遠すぎます.

BOOKばざーるは駅から5分程のところにあるどちらかというと新古書店的なお店で、CDなんかも置いてあります。

 

<買った本>

舟橋聖一「悉皆屋康吉」

アゴタ・クリストフ悪童日記

 

青砥:竹内書店

コンサートホール、かつしかシンフォニーヒルズの所在地として一部では知られた街。

高架下のユアエルムには沿線ではそこそこ大きい部類に入る新刊書店、教文堂があります。竹内書店は、そのユアエルムを抜けてしばらくいったところに徐にあるお店です。

こじんまりと綺麗に整理された棚に、渋い品揃えが光ります。

 

<買った本>

山口椿「闇の博物誌」

 

ここで京成線は、上野に向かう京成本線と、押上に向かう押上線に分岐します。

本稿では押上線を上って行きます。

 

立石:岡島書店

のんべえの聖地として絶大な人気を誇る街、立石。

岡島書店は駅から10分弱歩いたところにある古書店で、「古書誠実買入」の看板が渋くて素敵です。

地元葛飾関連の本が充実している印象。

 

<買った本>

マンリー P.ホール「カバラと薔薇十字団」

丸田祥三「鉄道廃墟」

 

京成曳舟古書肆 右左見堂

 駅からは少々歩くのですが、お店のある、鳩の街商店街自体が激シブで散策にオススメです。

右左見堂は、2015年にオープンしたばかり、棚も日々成長している感じの楽しさあふれるお店で、戦争や革命関連の書籍も揃えつつ、絶妙にサブカルチュラルな感じが最高だと思います。

 

 <買った本>

ロスタン「シラノ・ド・ベルジュラック

マンスフィールド「子供的」

 

 京成押上:業平駅前書店

スカイツリーと、その周辺施設である東京ソラマチはいつも多くの人で賑わっていますが、そこから外れた押上の町自体はそうでもありません。昔からある商店街など、下町の魅力を感じられると思うのですがちょっぴり残念です。

業平駅前書店は東武スカイツリー駅から近く、京成押上からは少し歩きます。

店の中に段差があることにも象徴されている?ように、品揃えがとにかくカオス。

周辺のモダナイゼーションに負けずにこれからもがんばってほしいお店です。

 

<買った本>

林二九太「ユーモア小説 曇り晴れ」

 

捕捉1:

青砥で、押上線ではなく上野方面に向かう京成本線に向かったときに、是非とも訪れておくべき古本屋があります。

 

堀切菖蒲園青木書店

決して広くはない店舗にびっしりと詰められた、文脈と拘りのある棚。

知の回廊を逍遥する感じが堪らないお店です。

 

<買った本>

ジャン・デ・カール「狂王ルートヴィヒ」
幸田露伴「幻談・観画談 他三篇」

 

捕捉2:

青砥の一つ手前、京成高砂には、小野本書店という伝説のお店があったのですが、昨年来何度訪れても開いておらず、どうやら閉店してしまったようです。。

 

意外と個性的な古書店がそろった京成線、ぜひお越しください!

 

とにかく簡単な曲4選

www.music-apartment.red

 

こんな記事を見かけて楽しく拝読しました。

ラモーンズの「電撃バップ」はやはり鉄板だよなぁ、と思いましたが、他の曲はドシロウトにはそれなりにムズイのではと思い、手段を選ばなければ(※)もっと簡単なのあるよね、ということで考えてみました。

※「モテたいという欲求を満たせなくてもいい」という意味です。

 

ちなみに私はバンドマンだったことはなく、高校生の時分に田舎のミカン倉庫で適当にギターを鳴らして遊んでいた感じや、音源を聞いた感じで雑にチョイスしていますのでノークレームでお願いします。

 基準は

  • コードが少ない
  • ギターは基本パワーコードで、アルペジオや複雑なリフ、ギターソロなどがない
  • ベースも凝ったことしてない(というかいなくても大丈夫なレベル)
  • ドラムも8ビート以上の凝ったことはあまりしていない。

みたいな感じ?でしょうか。

Nirvana / molly's lips 

Molly's Lips
¥ 250

なにはさておきこの曲でしょう。カート・コベイン率いるナーヴァナ。

のちに「そっくりさんが森をウロウロしているだけ」みたいな映画も作られたカリスマです。

この曲はG→Cの2コードの繰り返しだけなのにキャッチー。 

もともとThe Vaselines のカヴァーなのですが、原曲はギターのアルペジオ的なのとか、もう少し凝ったことやってるのでこちらのバージョンがいいと思います。

 

Jane's Addiction - Jane Says

 みんな大好きジェーンズ・アディクション。オルタナにおける重要なバンドでしたね。

G→Aの2コードでイケます。

ギターが多少凝ったことをやっていますが、このお兄さんが懇切丁寧に教えてくれますし、「Janes Says~」だけ気持ちよく連呼できてればOKなので最悪無視してもいいのではないでしょうか。

www.youtube.com

 

 

The Velvet Underground - Real Good Time Together

We're Gonna Have a Real Good Time Together
¥ 250

ルー・リード率いるレペゼンNYな特殊バンドで、パンクの入門書にルーツとして記載されていて意味わかんないとなりがちなバンドNo.1です(DHC調べ)。

そののちアンディ・ウォーホル方面から接近したりして腑に落ちたあなたは既に手遅れ。

この曲は、コードは4つも必要なのですが、

・出だし "We're gonna have a real good time together"を{A}{B}{E}{E}のパターンで4回、

・サビの”Na-na-na-na-na, na-na-na-na-na, na-na ”を{A}{B}{D}{D}で4回、

と、極めて分かりやすいので大丈夫です。歌詞もこれでほぼすべてです。

バスドラムを平らに置いてポコポコ叩き、「これはアフリカンドラミングの影響を受けた奏法なのです」と言っておけばいい手軽さもあります。

 

コードで言えば「Sweet Jane」なんかもワンパターンで簡単ですが、やや歌がムズイかなと思います。

「what goes on」とかもCDGAのひたすら繰り返しでトランス感があっていいですね。

 

 

The Stalin - 天プラ

天プラ
THE STALIN
¥ 200

遠藤ミチロウ率いるジャパニーズ・パンクバンド。メディアを有効活用した知的なパンクとしてディスられつつも、豚の臓物の投げっぷりには定評があります。

この曲はちょっとテンポ速くて大変そうですが、歌詞は「天ぷら おまえだ からっぽ」のスリーワードしかなく、すぐに覚えられる利点があります。

コードチェンジとかも適当でいいのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

上司や反社会勢力の人、宇宙人などに、来週までにバンドを組んで演奏できる状態にしないとポアするね、

と言われた際などにご活用いただければ幸いです。

 

昭和13年刊行の火野葦平「糞尿譚」が歯抜けだった話し

 Kindle Unlimitedで火野葦平の「糞尿譚」を読んだところ、文章が歯抜けになっていましたというお話し。

糞尿譚 [他四篇]

糞尿譚 [他四篇]

 

 「糞尿譚」は昭和12年の第6回芥川賞受賞作で、作者が日中戦争で従軍中であったために、小林秀雄が戦地に赴いて受賞の旨を伝達したという逸話があるそうです。

汲み取り事業に奮闘する男が、地元の政治の中でうまく立ち回れず不遇をかこつ、その鬱屈と憤りが、糞尿のパワーを持ってして幾分の可笑しさとともに噴出する、スカトロジア文学(おまけ参照)の傑作でした。

 

さて本書は受賞の翌年、昭和13年に小山書店から刊行されたもののようですが、読んでいると結構歯抜けになっている個所があります。

f:id:y055ie:20160906011433p:plain

 

82~83ページなどはこのように文脈で補えないレベルで抜けており、さすがに気になって青空文庫で補完する羽目になりました。

 

火野葦平 糞尿譚青空文庫

女のある家に赤い紙が落ちていたり、赤く染っていたりするのは当然のことですが、よく便所の中にサックててあるところがあります

 :

また汲取りに行くと、丁度、誰かが用便中で、空気抜きに下の方に硝子戸があったりするようなところで、戸があいて居って白い女の足が見えたり、と、酔いの廻った彦太郎がべらべら喋舌りつづけるのを、阿部がとって、わあ、これは聞き捨てならぬぞ、痴漢ちかん小森彦太郎便所を覗くの図か

別に特別に覗くわけではないのですが、偶然そういう場合に出合って眼に入るわけです、その時は夕暮れ近くなので薄暗かったのですが、しゃあという音がし、 じゃぼじゃぼとこぼれる音がどうも小便の音と違うので、不思議に思って見ると、ホースの先が見え、水道の水をどんどん出して、しきりにあそこを洗っている のです、私は、おどろきましたな。ぼんやりしていると、しばらく叮嚀に洗ってから

 赤字部分が歯抜けになっていた個所です。

現代の基準ではどうということもない記述に見えます。

おそらく戦前の政府による検閲で、削除処分というやつだと思われるのですが、受賞作の出版がこれでは作者も辛かったのではと思いました。

 

Amazon以外でも、こちらで無償で閲覧可能です。

国立国会図書館デジタルコレクション - 糞尿譚 : [他四篇]

※画像は下記のポリシーに従って、「インターネット公開(保護期間満了)」となっているため転載可能と判断して載せています。

サイトポリシー|国立国会図書館―National Diet Library

※幾分センシティブな話題な気もしますが私はメロスばりに政治の分からないノンポリゆるふわ本好きですのでノークレームでお願いします。

 

おまけ

 

ウィタ・フンニョアリス

ウィタ・フンニョアリス

 

 安岡章太郎の偉業。古今東西糞尿アンソロジー。

 

スカトロジア―糞尿譚 (福武文庫)

スカトロジア―糞尿譚 (福武文庫)

 

 ウンチク満載のクソリアリズムエッセイ。