よろぐ

ブロゴスフィア!ブロゴスフィア!

【書評】中世賤民の宇宙 ──ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)/阿部謹也 (著)

2020年に読んだ本で面白かったもの(その3)
 
中世賤民の宇宙 ──ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)/阿部謹也 (著) 

 『ハーメルンの笛吹き男』のスマッシュヒットも記憶に新しい、歴史学者

阿部謹也先生の著作。
 
中世に至るまでのヨーロッパのまでの宇宙観について、
・互酬関係=モノの贈与によって人と人─或いは人と神々や精霊─とが結ばれた関係
・均質ではなく円環的な時間(死者は彼岸に移行するにすぎず、戻ってくることもある)
・二つの宇宙─柵で区切られた町や村の内部、辛うじて人間が統御可能な小宇宙と、その外側の未知と恐怖に満ちた大宇宙
このような特質をもつものであったとした上で、
これらが、十一、二世紀以降、キリスト教の浸透に伴い、如何にして次のような宇宙観に移行していったかを辿る。
・神を強力な媒体とした新たな人と人との関係
・アダムとイブから最後の審判まで流れる一回性の直線的な時間
神の摂理として定められた一つの宇宙
 
その中で、タイトルにある「賤民」について、元々小宇宙と大宇宙の狭間で、小宇宙の枠をはみ出して大宇宙の要素─水、火、風、性など─に関わる職業に携わっていた人々が、社会がキリスト教化=一元化されていく中で如何に賤視されるに至ったかが考察されている。
 
不衛生極まりなさそうだし、食事もおいしくないだろうしで、中世ヨーロッパにタイムスリップしたいとはあまり思わないが、
極めて強固に均質で機械的な時間の中に埋め込まれている現代の私たちが、そうではない時間の在り方に思いを馳せることにはきっと意味があると思うし、エビデンスを示しながら丁寧に語ることで、そうした時間のリアリティに触れさせてくれるこのような本があることは、とてもありがたいことだと思う。
 
本邦の中世における、同種のテーマを扱ったものとして、
中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界 (講談社学術文庫)/笹本 正治
を挙げておきたい。
古来、音によってあの世とこの世を繋ぐものであり、神との契約のために鳴らされていた鐘が、戦国時代以降は人間同士をつなぐ音へと変遷したことが述べられている。
 

【書評】ゼノン 4つの逆理 アキレスはなぜ亀に追いつけないか (講談社学術文庫) /山川偉也

2020年に読んだ本で面白かったもの(その2)
 
ゼノン 4つの逆理 アキレスはなぜ亀に追いつけないか (講談社学術文庫) /山川偉也
アキレスと亀」で特に知られる所謂「ゼノンのパラドックス」について、詭弁や知的遊戯の類などでは決してなく、我々の依って立つ近代以降の知性の基盤に対して、如何に深甚な問いを投げかけているものであるかを、四百頁近くの紙幅を割いて追求した労作。
 
まずはゼノンの唱えた四つの逆理を詳述した後(どういうものであるかは後述する※)、それらが本当は何を意図して唱えられたものであるかを明らかにしていく。
曰く、ゼノンの逆理はすべて、師であるパルメニデスの論敵であったピタゴラス派の<多>の理論を否定するためのものであった。〈多〉とは(無限に)分割可能な「点」や「時点」によって構成される「距離」や「時間」のことであり、ゼノンは「アキレスは亀に追いつけない」ことを言いたかったのではなく、「存在するものが〈多〉であるならば、アキレスは亀に追いつけない、しかるに、存在するものは〈多〉ではない」と言いたかったのである。
 
例えば運動というものについて、「t0時点にはp0地点にいた」「t1時点にはp1地点にいた」…これをいくら(たとえ無限に)細かくしていったとしても、運動そのものを捉えたことにはならないのではないだろうか。
しかし、ピタゴラス派から近代(デカルト心身二元論/コギト、分析的知性の象徴たる「パスカルの眼」)、現代に至るまで、科学的・分析的知性というものはこのこと(分割可能な空間とそこにマッピングされた時点/時−間)を前提している。
 
斯様な知性は実在の真の姿ではなくその「影」を捉えているに過ぎない─このことを指摘すべくゼノンの立てた反論は、現代フランスの哲学者アンリ・ベルクソンの科学批判や、「持続の相の元に」真に実在を認識しようとした彼の哲学と位相を同じくするものである。
ベルクソンは『物質と記憶』の中で、ゼノンの逆理を引いて「等質で分割可能な空間と、時間の空間化を前提している」と批判するが、これは不当な批判であって、ゼノンは寧ろベルクソンと同じ立場に立って、ピタゴラス派を論難していたに違いないのである!
 
といった、紀元前から現代までを股にかける刺激的な論考が展開されており、著者の時に熱の入りすぎた語り口にも乗せられて、大変面白く読んだが、私の所感を述べると、
・科学的な成果=真理の発見と単純に考えてしまいがちだが、それはやや素朴に過ぎる見方かもしれない
・紀元前の哲学者は(も)凄い。深甚なことを考え抜いている。「存在」や「時間」について、現代のわれわれの理解は何ほど進歩したといえるのか
といったところです。
 
ーー
※この本はもともと放送大学で受講した科目「西洋哲学の起源」の中間課題のために読んだもので、この本を大いに参考にしてゼノンの逆理をまとめて提出したのが下記の文章になります。
ーー
エレアのゼノンの運動否定論について要点を述べる。
ゼノンがとなえたとされる運動否定論は4つの議論からなる。
但し、これらの議論について、ゼノンが直接書いたものは残っておらず、(彼の言説には否定的であった)アリストテレスの『自然学』に報告の形で現存するものである。
以下にそれぞれの議論の概略を記す。
1.「二分割」
「動くものは終点に達する前にその半分の地点に達しなければならないので動かない」とするものである。
「半分の地点に達し」について、全行程の半分の地点(1/2)を想定し、さらにその半分ずつ(1/4、1/8…)への到達を想定する無限後退型の解釈(この場合は出発すらできないことになる)と、全行程の半分の地点への到達から、さらに残りの距離の半分の地点(3/4,7/8…)への到達を想定する無限前進型の解釈が存在する。
2.「アキレス」
後に「アキレスと亀」の呼び名で特に知られるようになった議論で、
「走ることの最も遅いものですら最も速い者によって追いつかれないであろう、何故なら追いかける者は、まず最初に、逃げる者が出発したその地点に到達しなければならず、したがって必然的に、逃げる者がたとえ最も遅いものであっても、つねになにほどかは先んじていなければならない」とするものである。
t0 時点で A地点 にいた亀を追いかけるアキレスが、t1 時点でAに到達したとき、亀はA地点よりいくらかは進んだB地点におり、次にt2時点でBにアキレスが到達したときには亀はC地点におり、と、無限に距離は縮まるかもしれないが決して追いつくことはない、という議論である。
3.「矢」
「すべてのものはつねに静止しているか動いているかであり、自身に等しいものに即してあるときは何物も動くことがない。しかるに動くものはつねに、今、等しいものに即してあるとするならば、動く矢は不動である」とするもので、あらゆる動きを封じるものである。
4.「競技場」
「競技場において等しい物体列の傍らを、たがいに反対方向に等速度で運動する物体において、半分の時間が二倍に等しくなる」という議論。元テクスト自体が不安定で解釈の分かれるものである。
これらの議論について、二千五百年以上の永きに渡って種々の数学的、アルゴリズム的な説明や反論が試みられて来たが、哲学的な側面として忘れてはならないことは、ゼノンはこれらの議論を、師であるパルメニデスの称えた、不生不滅を旨とする存在論「『有る』は一つである」を擁護するために、「多」の理論、「運動」理論への反論として行なった点であろう。
理論やロゴスによる抽象的な議論を通じて、時には経験的な常識を疑い(思い込みを抉りだし)、それを越えて存在について問い直す、根源的な問いかけの(或いは終わりなき)はじまりの一つとして、今日に至ってもなお意義を持つものであると考えられる。

【書評】意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫) / 井筒 俊彦

2020年に読んだ本で面白かったものを幾つか紹介します(たぶん5回シリーズ)
昨年は以下の理由により、例年よりも本を読む時間が減ってしまいました。
放送大学に入学した(といっても半期で二科目ずつしか取ってないですが)
・ほとんど自宅勤務となって、(読書時間に充てていた)通勤時間がなくなり、始業前ギリギリまで寝ている&終業後はすぐ酒を飲んでしまう
その割に体調万全というわけでもないので、、健康には留意して、いい感じで本が読めるペース配分を考えたいと思います。
 
閑話休題して一冊目の紹介に移ります。
 
意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫) / 井筒 俊彦
意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)

意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)

 

 

東洋哲学の「共時的構造化」を期して書かれた、井筒の主著(井筒自身の前書きでは「序論のそのまた序論」だそうであるが)。
(他の著作でも語られているように)余りにも「ロゴス中心主義」であった西洋哲学に対するカウンター ─或いはオルタナティブ─を志した、壮大な試みがなされている。
オルタナティヴとしての可能性について、例えば井筒が述べているのは、サルトルのいう「嘔吐」的事態─言語脱落・本質脱落が起き、絶対無分節の「存在」に向き合った際に、成すすべもなく狼狽するしかないそれ─に際して、東洋哲学の精神的伝統ならば対処し得るということで、何故ならば斯様な絶対無分節の「存在」に対する準備が方法的、組織的になされているからだ、というのである。
ーー
(極めて広範にわたる思想の比較検討がなされておりアウトラインをまとめるのは困難であるが、本書のエッセンスを雑にサンプリングして示すとすると)、
まずは本質というものについて、イスラーム哲学から用語を借り、
個体的本質(「そのもの性」、フウィーヤ)、普遍的本質(マーヒーヤ)の二種類を立てて、各所・各種の東洋思想におけるそれらへのスタンスを詳らかにしていく。
個々の事物の(複数の)本質を一つずつ把握していき、それを或る段階で一気に垂直に深め、万物の普遍的「本質」の自覚へと至ろうとする宋需(中国宋代の儒者たち)の「格物窮理」の営み。
対して、徹底して本質の実在を否定する禅における、分節された事物から無分節の「意識のゼロポイント」への到達、さらにそこを経て無「本質」的に分節された事物への回帰(或いは再入ともいうべきか)─ 意味分節の道具としての言語に対する根深い不信感を持ちながら、しかし言語を用いてそれを果たすというアクロバットさ!
 
普遍的本質へと向かう言語を追求したマラルメ(詩人)と、飽くまでも個物の本質を捉える言語を希求したリルケ松尾芭蕉もまたそうであった)との対比。
 
果ては、「元型」イマージュの相互聯関システム=「本質」的全体構造としてのマンダラ(曼荼羅)を取り上げ、ユダヤ教・カッバーラーのセフィーロートもマンダラの一つである!として、その「元型」流出的構造を読み解く。
 
などなど、「共時的構造化のための範型化」の名のもとに、時・空間を超えて明晰且つ刺激的な論考が繰り広げられている。
「本質」の捉え方やそれへのアプローチには様々あれど、冒頭にも触れたように、やはり無、無意識、無分節の領域との聯関においてそれを捉えようとする点において、東洋哲学の根柢に流れるものを感じることができるように思う。

From Backside Japan - Underground Music Scene in Niigata 1980s-90s 他

最近入手したスゴイCD×2。
 
"裏日本"新潟の、アンダーグラウンドな音楽シーンをコンパイルした企画盤。
1曲目のシェパードムーン「白昼の追跡者」は、どこかしら旧ソ連のバンド、ノチノイ・プロスペクト(*)を思わせるインダストリアル風味のサウンドで、出だしから最高。 
他にテクノポップぽいやつとかゲルニカぽいやつとかノイズ+絶唱系もあり、多彩でありつつも、広義の「ニューウェーブ」と呼びたい時代の空気感は確かに共有されているように思う。
中でも白眉はラスト20曲目の
糸魚川市根知小学校3・4・5・6年生 33名による「光のなかで」
で、糸魚川に移住してきたミュージシャン、菅原夫妻による、市民会館での合奏会を録音したもの。
サイケデリック身内音楽として強烈な良さがあり、この曲を聞けただけでも買った価値はあった。
 
 

www.discogs.com

Various - Gamma

 

ABC(オーストラリア公共放送局)で放送されていたラジオアート番組"The Listening Room"の傑作選的なコンピの一枚。
鳥や動物の声を変調したサウンドアートが主体で、(イージーリスニング可能な)環境音楽というよりは、もう少しエッジの聞いた実験音楽の趣き。
初期メルツバウに参加していた水谷聖のアルバム「bird songs」が思い起こされる。
 
 *Notchnoi Prospekt / Ночной Проспект
こんな感じです。団地インダストリアル!

 

Twitterでバズっていた台湾製のおじさん猫のペーパークラフトを作った。

togetter.com

Twitterでバズっていた猫のペーパークラフトが可愛かったので実際に購入して作ってみました。

(個人的には自動かどうかに関わらず翻訳についてアレコレ言って面白がるのはあまり好きではないです。自分が外国語を学んで使うときには、ネイティヴからしたら多少変だとしても「伝えたい」「伝わってほしい」と切実に思うので。お互いに寛容さを持ちハードルを下げるのが大事だと考えています。 ペーパークラフトは単純に造形がめちゃ可愛かったので買いました)

 

買う

jp.pinkoi.com

ecサイト、Pinkoi で購入できます。

「問創 Ask Creative」さんは、他にも素敵なペーパークラフトをたくさん出品されていて、見ているだけでも楽しいです。

 

f:id:y055ie:20200608213720p:plain


購入時に紙を選択することができます。

私は「厚くてかなりのクラフト紙」を選択しました。

 

郵送方法は「台湾の郵便局 - 国際eパケット¥ 580(1点目)」を選択。

決済はクレカで(他にも コンビニ決済, ドコモケータイ払い, PayPal, 銀行ATM振込(Pay-easy決済), LINE Pay, Alipay が利用できるみたいです)。

 

届く

f:id:y055ie:20200608212556j:plain

届いた封筒

平均でどれぐらいかは分かりませんが、私の場合は2週間ぐらいで届きました。

台北市周辺の新北市から発送されています。

f:id:y055ie:20200608215358j:plain

パッケージ

中身のパッケージはこんな感じです。ポストカードも付いてきました。

 

作る

準備

f:id:y055ie:20200608220108j:plain

説明書

組み立て図と、必要な道具の一覧表が同封されています。

 

鋏:

 ハサミでも問題なく切れると思いますが、私はデザインナイフを使いました。

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

  • メディア: Tools & Hardware
 

ナイフを使う場合にはカッターマットも必要です。

 

 

定規:

 ステンレス製が良いと思います。

 ボールスタイラス

インクの切れたボールペンでも代用できます。

 私は手元に何もなかったので(あと手で折った感じを出してもいいかと思って)、定規を当てて手で折り目を付けました。製作に支障はありませんが、シャープな折線が付けたければ道具を用意した方が良いです。

 

糊:

手芸用のボンド。速乾のものが良いと思います。

www.monotaro.com

製作

f:id:y055ie:20200608222459j:plain

パーツ

6枚の台紙に印刷された20弱のパーツを、番号の若い順に、切り抜いて、折り目を付け、糊で貼り合わせていきます。

組み立て図もありますし、貼り合わせる箇所ごとに番号が振ってあるため、然程迷うことなく組み立てていくことができました。

しかしパーツがそれなりに複雑な形をしていて折り目も多いため、時間は結構かかります(自分がトロいだけかもしれませんが、トータルで4~5時間かかりました)。

一つ大事なポイントとして、一般的な折り紙の折り図と、山折り谷折りが逆になっています。

---------- が谷折り(手前に折りたたむ)

-・-・-・が山折り(向こうに折りたたむ)

です。

 

f:id:y055ie:20200608223227j:plain


製作途中

作っている途中です。

f:id:y055ie:20200608223803j:plain

完成!

ついに完成したものがこちら!

デカい&カワイイです。

 

Twitterでバズってても実際に買って作る人ってそんないないのかなぁと思い、数少ないそういう人の参考になればと思って記事を書きました。

近松秋江『青葉若葉』に見る世の中の進歩

f:id:y055ie:20200530084912j:plain

近松秋江『青葉若葉』p.50
 
やがて辨當(べんたう)の折を窓外に投げ棄てるころには列車は尾張の平野もいつしか通過して、参遠の野を驀進していつた
「黒髪」で知られる近松秋江の「青葉若葉」─短編集か随筆集か、近松私小説作家であるが故にその辺は曖昧である─を読んでいたところ、「車窓」の題で大阪から東京への列車の旅を書いた話しの中で、駅弁のガラを窓から投げ捨てており、大正期にはそのようなスタイルであったことが伺われた。
少し調べてみたら漱石三四郎」にも出てくるらしくやはり割と一般的だったっぽい。
 
 
というわけで世の中は良くなっています。

OSAKAN SOCIALISM -大阪的社会主義風景-

finders.me

見つめ、切り取る眼差しの確かなラディカルさ。
序文によると、本書の主題は、
・カオス│アジアとしての大阪(道頓堀の風景に象徴される─私的には「スーパー玉出」こそがその極点)
・「大大阪」としての大阪(中央公会堂や中之島図書館に象徴される─そして大阪都構想へと繋がる)
といったパブリックイメージに隠れた、第三層としての大阪の姿、「最も成功した社会主義国」と揶揄された日本流中央集権主義の遺構としてのそれ、を捉えようとしたものであるとの由。
或いは過去の遺物などではなく「失われた未来」のイメージとして─オリンピックに取り憑かれた東京と同じように─万国博覧会に取り憑かれた大阪の向後に否応なく接続していくものでもあろうか。